金曜日, 6月 30, 2017 || by Willemijn Bannenberg

このクリエィティビティ(創造性)の世界最大のフェスティバルは、今年はこれまでとは少し様相が異なっていた。フェスティバルの在り方を根本的に考え直す 時期に来ている、と評する人もいたほどだが、そのコアの部分は変わらず、豊かに繁栄するクリエィティブ産業のリーダーたちが集うにふさわしいものとなっていた。

信じられないほど素晴らしい参加者が集まった。その総数もこれまで以上に多かったのだが、行く先々でこの業界で極めて大きな影響力を持つ会社や組織のキーパーソンたちに出会うことができたのだ。

弊社はここに、多くの参加企業や出展者の皆さんが今回の出会いを最大限に活かすために大切な考え方を紹介する。このフェスティバルで行う多くの出会いを皆さんがより良く活用するための、2つのポイントである。

「ネットワーク化がもたらす新たな出会いこそ、価値を生み出す原動力なのです」と、Taboola メディア英国・アイルランド社のシニアセールスマネージャーのクレイ・シングは語った。「弊社のブースにより多くの人に足を運んでもらえるように準備しましたが、大成功となりました。」

「皆さんが設定する打合せの場で、多くの人が犯す間違いがあります。皆さんには、ここで商談を何としてもまとめよう、などと考えないでいただきたいのです」Taboolaのメディアセールス部門のディレクターであるアーロン・ベノアはこう語った。「ここカンヌでは、レベルが高く内容の濃い議論ができることにこそ、価値があるのです。そうすれば今後、皆さんのビジネス会議はより素晴らしいものに変わるでしょう。」

そう、これまでどちらかというと豪華なパーティのようだったフェスティバルの雰囲気は (まだあちらこちらに残ってはいたが) 人脈づくりに焦点を当てたビジネスの場へと変わったので、このフェスティバルに参加し成功するベストな方向を見つけ出せたのだ。

カンヌで成果を上げるために

cannes lions 2017

弊社のグループは、カンヌのフェスティバルに参加して帰った後、一休みしてから、企業各社や出展者の皆さんがこのフェスティバルの成果を最大限に生かしていただくための大切なヒントを取りまとめた。

  • イベントに参加する前に十分なリサーチをする。まず参加したいと思うイベントに登録したなら、そこに誰が参加する予定となっているか調べておこう。ネットワークを広げるのだ!
  • レストランでの食事に誘う。どのブースでも普通、飲み物にスナック程度は出すものだが、皆さんにとっては、レストランでのちゃんとした食事に誘うチャンスだ。めざす人々と実際に楽しいひとときを過ごし、ネットワークをひろげよう。
  • 人脈作りに遠慮はいらない。どの企業も、フェスティバルに来て限られた予算をできる限り有効に使い、価値ある人々とできるだけ多く出会おうと考えるものなので、楽しく過ごせるチャンスを工夫したりパーティーを開いたりして皆さんにできるだけ満足してもらうことが肝心。
  • クールに振る舞おう。ビーチは暑い。今度行くならカクテルを片手に。

弊社はこうした事柄を十分に考慮したのだが、Cheddar社とのパートナーシップはとりわけうまくいった例だ。会場に放送局を作ったので、弊社のブースはものすごい活気にあふれ、従来の付き合いの枠を超えて多くの業界のリーダーの皆さんたちと親交を深めることができた。

弊社CEOのアダム・シンゴルダは、Cheddar社を相方にして、コンテンツ配信技術によって大衆が情報を消費する方法がいかに変貌を遂げているかについて語った。

そしてこの戦略的な動きに合わせ、度重なる成功でどんどん大規模化するフェスティバル (既に大きくなりすぎたと考えている人もいる) を、より価値のあるものにすることができた。

Taboolaはコンテンツ発見型プラットフォームで世界をリードしています。ウエブ上の極めて革新的な配信者用サイトには毎月10億を越えるビジターが集まり、3.6億のリコメンデーションを得ています。Taboolaがいかに皆様のお役に立てるか、詳細については弊社にお問い合わせをいただくか、今日からすぐ貴社のキャンペーンを開始してください

 

Willemijn Bannenberg