水曜日, 8月 24, 2016 || by Ronit Zimmer

新しい市場に進出することは大変な試みです。対象オーディエンスの関心を捉えるには戦略を事細かく計画する必要があります。しかもブランドとしてのアイデンティティを維持することも大切です。ここで新しい市場を開拓するのに鍵となるのがコンテンツマーケティング戦略です。
ターゲット市場に適合化する際のコツを以下いくつかご案内します。
コツその1:コンテンツを熟知する
コンテンツマーケティングで活用できる、どのようなアセットがあるかよく知るには今がチャンスです。顧客が最も興味を示したチャネルが、話題がどれかよく分析しましょう。ブランドが受け入れられたことを示し、マーケティング活動の出発点となるところです。
コツその2:オーディエンスを熟知する
対象オーディエンスの文化に触れ馴染むことが、顧客コンバージョンの獲得に繋がります。対象オーディエンスの特徴と、製品を使用する動機、そして現在ニーズがどのように満たされているかをよく知りましょう。対象オーディエンスがウェブで長い時間費やすところはどこか、使用しているデバイスは何か、どのような方法でお互いコミュニケーションを取り合っているかを調べましょう。
コツその3:地域ブランドアイデンティティを設立する
オーディエンスにアピールする方法は地域ごとに異なります。それぞれ独特の視覚的要素があり、広告手法があります。それをすべて知り尽くすことが大切です。ブランドアイデンティティを築く場合、対象地域のエコシステムとよく協調するものを選びましょう。更に、コンテンツが地域の文化を尊重するものであることに気を付けてください。
コツその4:オーディエンスと協調する
ひとつの地域を対象に用意されたコンテンツをすべての地域に適用できることはまずありません。たとえば、対象地域の言語で表現されていないコンテンツは見込み客の大部分に敬遠されることになります。コンテンツの翻訳は対象地域の文化と言語に詳しい専門家に依頼しましょう。ウェブで探せば簡単に見つかります。文法的に正しく、文脈に沿ったものであっても直訳ではオーディエンスの心を捉えることはできません。地元のコピーライターにテキストを校正してもらいましょう。微妙なニュアンスまで正しく表現する、自然な流れの文でブランドのメッセージが確実に伝わるようにしましょう。
コツその5:対象地域の市場をよく知る
市場を調べ、対象地域の競争相手を見極めましょう。競争相手のマーケティングチャネルと顧客を特定しましょう。競争相手がどのようなコンテンツを使って、どのような方法で消費者の関心を捉えているか学びましょう。地域に詳しい、地元の企業を雇用して情報を収集しましょう。
「国際化」を目指すことはつまり、「地域化」することになります。地域に合わせて適合化するのです。利用できるリソースを上手く活用してチャネルと活動を地域化し、ブランドの認知度とエンゲージメントを効果的に向上しましょう。